日本・オーストラリアサッカー
  • オーストラリアサッカー留学資料ダウンロード
  • オーストラリアサッカー留学メールお問い合わせ
オーストラリアサッカー留学ワーホリビザ 2016年12月15日

2017年 ワーキングホリデー新制度導入

どうも小林です。

2017年よりワーキングホリデービザを取得してオーストラリアに渡る人への規制が少々変更されるようです。

【変更点】

■ワーキングホリデービザ取得可能な年齢制限を30歳から35歳へ引き上げ。

■ワーキングホリデーによる滞在者の課税率を15%に設定。(年収37,000ドル – 約280万円 – まで)

■ワーキングホリデービザの申請料を、440ドルから390ドルに減額。

■オーストラリアからの出国時に課税されている出国税を5ドル値上げ。(航空券に含まれます)

■同一雇用主のもと就労場所が異なれば最大12ヶ月間就労可能。

 

大きく変わる点はワーキングホリデービザの取得可能な年齢が引き上げられることですね。

今までは30歳までしか取得できなかったのが35歳までになりました。

学生ビザでチャレンジしていた30歳以上の選手も35歳までならワーホリを取得できます。

学生ビザのメリットはしっかりと語学が学べるということですが、一定の出席率で学校に通う必要性があります。

そのため、働くという点ではスケジュール調整が難しくなる場合もあります。また、学費も掛かってきます。

その点、ワーホリビザではしっかりと稼ぐことが可能で、時間も自由に使えます。

留学する目的にもよりますがサッカーだけを切り取って考えるとワーホリビザが有効なこともあります。

ビザの申請料金も50ドル安くなったことも嬉しいですね。

現時点ではあくまで政府案ではありますが、最終的に議会で裁決を取り決定されるかと思います。

これを機により多くの選手がオーストラリアにチャレンジしてくれることを願っています!


オーストラリアサッカー留学お問い合わせ